クリスチャンココは寝るときにも履く野が効果的!?履くタイミングについて

クリスチャンココって履くタイミングによっても効果って変ってくるのでしょうか?

 

寝るときも履いていたほうがいいのでしょうか?

 

ここでは、クリスチャンココを履くタイミングについてみていきたいと思います。

 

クリスチャンココを履くタイミング

 

クリスチャンココを履くタイミングとしては、「寝るとき」「仕事中」「遊びに行くとき」などなど、早い話、どんなタイミングでもOK!

 

クリスチャンココで結果を出している人の多くは、寝るときはもちろん、できるだけ長時間履いているという傾向があります。

 

それこそお風呂のタイミング以外ではずっと履いているという人も多いみたいですね。

 

長時間、骨盤まわりに圧力をかけるのは否定的な人もいますが、クリスチャンココはそれほど強い締め付けではなく、1日中履いたとしても効果が出るように計算されています。

 

なので、寝るとき以外もできるだけ履いておくのがおすすめ。

 

骨盤のゆがみの原因

 

骨盤のゆがみの原因として大きなものに「寝姿」があげられます。

 

つまり睡眠時の姿勢ですね。

 

多くの人はいつも同じ寝姿で寝ていることが多いのですが、あなたも寝るときにどんな姿勢で寝ているか、ちょっと思い出してみてください。

 

うつ伏せで寝る、仰向けに寝る、右を下にして寝る、左を下にして寝る・・・

 

睡眠時間は短い人でも毎日4時間はあるでしょう。

 

普通ならだいたい6〜8時間ですね。

 

毎日これだけの長時間、同じ圧力がかかると1回の圧力は小さくても、積み重なって大きな圧力となり、骨盤をゆがめる原因になります。

 

特に横向きに寝る癖のある人は要注意!

 

横向きに寝ると、骨盤と軟骨に負担がかかります。

 

骨盤のためにはもちろん仰向けに寝るのが良いのですが、寝姿の癖というのはなかなか治せないもの。

 

そんなときもクリスチャンココを履いて寝ると、寝ている間にも骨盤を正しい位置に戻そうとする力が働きます。

 

だから寝るときもクリスチャンココを履くタイミングとしてはグッドです。

 

日中のタイミングでクリスチャンココを履くと

 

また、日中のタイミング(仕事のとき、休みでお出かけのとき)でもクリスチャンココを履いていると通常より消費カロリーがアップします。

 

骨盤が正しい位置にあると、筋肉の動きがスムーズになることや、血液やリンパの流れがスムーズになることで代謝がよくなります。

 

この状態で歩いたりするだけで、通常よりも消費カロリーが大きくなり、痩せやすくなります。

 

結局のところ、クリスチャンココを履くタイミングとしては、寝るときを含め、できるだけ長い時間履いておくのがよさそうです。

 

クリスチャンココの愛用者はダイエットに成功している人が多いですが、口コミを見ていくと、やはりお風呂の時以外は履いているという人が多いことに気付きます。

 

加圧ショーツがはじめての人にとっては、最初は少し違和感があるかもしれませんが、履いているうちに慣れてきます。

 

結果を出したいなら、できるだけ履いておくようにするのがおすすめです。

 

>>クリスチャンココの詳細はこちら