クリスチャンココの洗濯方法間違ってない?正しい洗い方

クリスチャンココは使い捨てではないので、洗濯して何度も履くことができます。

 

しかし洗濯の仕方を間違えると寿命が短くなったり、本来の効果を発揮しなくなる可能性があります。

 

ここではクリスチャンココの正しい洗濯の仕方をお伝えします。

 

クリスチャンココの素材

 

クリスチャンココの素材は公式サイトに次のように記載されています。

 

ナイロン・・・90%
ポリウレタン・・・10%
※記事にゲルマニウム・チタン・銀を配合しています。

 

まずナイロン、ポリウレタンの記事特徴を説明します。

 

ナイロン素材の特徴

 

ナイロンの特徴は丈夫で弾力性があることです。また吸湿性がほとんどないので、濡れてもすぐに乾きます。

 

ナイロン素材のジャンバーなどをイメージしてもらえればわかるでしょう。

 

ナイロンはポリエステルと似ているのですが、ナイロンのほうがポリエステルよりもさらに軽くなっています。

 

ナイロン素材に水滴をたらすと、玉のように転がって素材には浸みこみません。

 

ナイロン素材は汚れがつくと落ちにくい場合があるので、こまめに洗濯したほうがいいでしょう。

 

丈夫な素材なのでガンガン洗濯機を回してもOKです。

 

ポリウレタン素材の特徴

 

ナイロンだけならとても丈夫な素材なのですが、クリスチャンココにはポリウレタンが10%使用されています。

 

ポリウレタンは非常に伸縮性の高い素材でゴムのようなものです。

 

このポリウレタンが洗濯の際には曲者。

 

とても洗濯しにくい素材なんです。

 

人工皮革にも使われる素材なのですが、ポリウレタンは寿命が3年。

 

生地が作られてから3年でどんどん劣化していき、ゴムがボロボロになるのと同じような状態になっていきます。

 

ポリウレタンが入っているため、クリスチャンココの洗濯には注意が必要です。

 

クリスチャンココの正しい洗濯方法

 

上述の通り、ポリウレタンが混合されているため、普通に洗濯機を回して洗濯しているとどんどん劣化が進みます。

 

クリスチャンココの正しい洗濯方法は次の通りです。

 

・30度以下の水で洗う(お湯はダメ)

 

・洗剤はおしゃれ着洗剤(中性洗剤)を使う(漂白剤は厳禁)

 

・やさしく力を加えないで洗う(手洗いがベスト)

 

・脱水する場合は短時間で

 

・干すときは陰干しする

 

・スチームアイロンは不可

 

まあ、ショーツにアイロンをかける人は少ないと思いますが、ポリウレタンは高温多湿に弱い素材なのです。

 

だからお湯で洗うのはNGですし、紫外線もNGです。

 

干すときに日光にあててしまうと紫外線によって劣化が進みます。

 

ただ、さすがに毎日履くものですから、手洗いは正直キツイですね。

 

洗濯機を使うときは必ず洗濯ネットに入れて、おしゃれ着洗いコースでゆるやかに洗いましょう。

 

そして脱水は短く。脱水で力が加わると劣化が進みます。

 

高温がダメな素材なので、乾燥機もNGです。

 

洗濯にはちょっと気を使う必要がありますので、クリスチャンココは1枚、2枚でなくまとめ買いをするのがいいかもしれません。

 

>>クリスチャンココの詳細はこちら